FC2ブログ

ごぜん10時のいっぷく

毒にも薬にもならないブログを目指して

スポンサーサイト

--.--.-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

休暇 こーへん

2009.11.16 candy

vijhon.jpg
と、いう訳で
16:12分 恵比寿
16:30分 「池袋シネリーブル」着席
という離れ技をやってみたよ☆
自分でいうのもなんだけどまさに奇跡
16時の回逃すと18時になっちゃうから

「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」を見にゆきました。
すごくよかったです!

何が良かったって鉄道がふんだんに登場して
その使われ方がすごく良かったんです。

当時の中央線とたぶんSL水上まで!
監督はきっと鉄道好きだよねっ

電車が走るごとに、恋が進行するなんて
すごい設定でドラマチック♪
妻夫木君の役がとにかくおいしすぎるよー(><)

少しでも好きな人と一緒にいたいから降りる駅を偽って…
しかも終電で自分は歩いて帰るなんて。
武蔵小金井~三鷹間なんて、今なら10分程度の違いしかないのに(p_;)
わかる、わかるよ;
(…本当に!?)

当たり前だけど、何十年も前から走ってて
今も同じく人を乗せてる駅がまだまだあるんだよね
でも、地図にない駅も心ひかれるよね

しかしヴィヨンの妻ってモントリオールで映画賞とるほど
垢ぬけた小説じゃなかった気が…
読んだのがかなり前だから忘れてるのかな?などと
途中から脚色がどの程度あるのか気になって仕方なくなってしまい
100%映画に集中しながらも、心は原作の事でいっぱいになってしまい。

終了してから読み返してみたら、原作部分はほとんど完コピーで
尺が全然たりなくて、脚色が60%しめる印象でした
上手だなぁ、上手だなぁ、すごいなぁ。

それはそうと、中央線ってどうしてあんなに
ドラマチックな舞台になるんだろう

ねじめ正一のせい…?ちょっと違うか…

「走り出せ新幹線」だと、とたんに子供向けになっちゃうよねえ
埼京線は?総武線は…?西武線…やっぱ

「走りだせ中央線…」だよねえ

  1. 日常
  2. cm:0
  3. tb:0

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ribbon 検索フォーム

ribbon リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。