FC2ブログ

ごぜん10時のいっぷく

毒にも薬にもならないブログを目指して

スポンサーサイト

--.--.-- candy

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

阿佐ヶ谷住宅辺り②

2013.03.23 candy

さてさて
阿佐ヶ谷住宅写真②です!
2回に分けたのは…スマートフォンからの更新が
非常に重いからだよ!

さてさて、通り抜け可能となっている通路を進んでみました。
敷地内1

春らんまんの敷地内。

団地タイプ
4階建て 団地タイプだよ。

平屋タイプ
明かりの灯っている家。
仮に着工ギリギリまで暮らす事を選択されてる方がいたとして、
この場所や土地への並々ならぬ思いは如何ばかりかと思わされます。

ブランコ
シュールなブランコ。
捻った上に縛られて。3つ横並び。

団地タイプ2
これはステレオタイプっぽい団地
レンガ色の屋根ではない。

生まれも育ちも東京豊島区な私には
正直それほど思い入れはなかったけれど
別荘地を彷彿とさせる平屋や、ゆとりのある住まい作りと
僅かに残されたどこか懐かしい時間を楽しみました。

建物が素晴らしいのに加え、木が!どれも立派!
特にサルスベリの枝振りは見事。

四季折々咲く花々と共に子ども達の成長が見守られ
人々が暮らしを営んでいた光景が心に浮かんで来て胸熱。

レンギョウや生け垣等も綺麗に剪定されていました。
樹齢は人の手で作れないし大切大切。

明日は東横線渋谷駅にお別れ。
今年は建物とのお別れで多忙な春です!

あとは池袋と同じくらい阿佐ヶ谷を好きに
なれるといいんだけどな~。
スポンサーサイト
  1. 写真
  2. cm:0
  3. tb:0

阿佐ヶ谷住宅の辺り

2013.03.23 candy

「阿佐ヶ谷住宅の取り壊しが始まったらしいよ~」
木造団地タイプ
と言う訳で、桜とのお姿も見納めかと
写真に収めにいって来もうしたよ~

ネットにアップしておけば後々いろいろ資料的に
役立つかなという魂胆です(魂胆…?)

看板(立入禁止)
と、言っても立ち退きが完了し着工も始まってるので
どこへいってもこんな感じです。

そこで外周から見える範囲を撮影。
どこも春の花で色とりどりです。緑との対比が美しい。

阿佐ヶ谷住宅レンギョウ
桜・レンギョウ・木蓮が咲き揃う公園跡

建物1
レンギョウ&2階建て住宅

建物2
「住みたい!」と憧れるレンガ色の屋根の平屋タイプ

一通り撮ったかな~と、思ったら1ヵ所だけロープの無い通路がありました。
看板(お花見)
ラッキー♪ラッキー♪

≪次回、団地の中の迷子に つ・づ・く≫
  1. 写真
  2. cm:0
  3. tb:0

土祭2012

2012.09.29 candy

台風17号が明日にでも接近なんてニュースが流れる中
気温は30度を越え晴れ間も見えた栃木県益子市。

土祭(ひじさい)2012を訪れて来ました。

お邪魔したのは「つかもとスペース“石の蔵”」
展示No.24生井亮司さんの彫刻作品「少年の詩学」です。

hijisai00.jpg

遠くの声
hiji_01.jpg

hiji_06.jpg

Volume01(正式名が調べきれず)
hiji_04.jpg

hiji_07.jpg

Volume03
moblog_d3cebe52.jpg

hiji_03.jpg

耳をすますと祈りが聞こえてきそうです


実物には遠く及びませんが作品の良さが少しでも伝わればと思い
写真を掲載させて頂きました。
心ゆくまで撮らせて下さるなんて太っ腹としか言いようがありません。
出来れば脚立持参して撮りたかったなんて。(やりませんよ!)

芸術家って何となく気難しそう…と思われる方もいらっしゃると思いますが
作者の生井亮司さんはとても気さくな方です。

最後につかもとスペースさんの株式会社塚本さんの方が
地元に古くから根付いたその歴史をお教え下さり
暖かなお人柄の方ばかりで、大変勉強になりました。

私は職場と自宅の往復で気づかぬうちに視野がとても狭くなっていました。
イベントに携わる方々が芸術を通して社会に還元される姿に胸を打たれた次第です。

電車に乗って遠くへ行くだけじゃ得られない
人々の力、エネルギーを感じ
真夏を思い起こさせる仲秋の1日でした。
  1. 写真
  2. cm:0
  3. tb:0

北東北・函館ラスト

2012.07.12 candy

もう何年の旅行か写真か失念してしましたが
北東北・函館フリー切符旅のラストです。
tsugaru.jpg
つがる。シャープなデザインだよね。

akita_001.jpg
秋田駅で撮った三平!
人生初めて流し撮りに成功しましたっ

youhi_002.jpg
奥羽本線で見た夕日。だったかな…?
手前の車両は何だったかな。今見ると保線車両っぽいです。

hakucho_003.jpg
大空に浮かぶスーパー白鳥
函館にて

とにもかくにも夕暮れと明け方の日本海の美しさ。
未だに忘れられない旅です。
  1. 写真
  2. cm:0
  3. tb:0

行きは2時間 帰りは30分

2010.05.08 candy

流山電鉄に乗りにいきたいのよーっ!
という事で、もう4月の何日だかも忘れましたけれど
桜は散っていたのでかなりの終半だと思われますが
天候・曇りのち雨
時間もなし!
で、強行突破気味に行ってまいりました♪

0509_01.jpg
え、西武線…?(目をゴシゴシしながら)
いえいえ、そんなわざわざ流山まで来て
毎日見てる車両な訳な……そうね^^

今日は流山駅に行って馬橋に帰る1往復のみ!
せっかく来たけどそんな短時間で素敵な写真が撮れるだろうか…なんて
びくびくしながらも乗車~♪

…乗った感じ
でわかるんです。生まれも育ちも西武線ディープユーザーなので…
これ、間違えなく西武せ…
いえいえ、そんな訳ないじゃない、いえーい^^

0509_02.jpg
私はこの女性に感謝をしました。
いえ、今でも感謝しております。
私の少し離れた隣に座ってくれてありがとう。
カメラで車窓を撮る私に目もくれず
読書してくれてありがとう、素敵女子!!

イメージに近い写真が1枚撮れてなんとかほっとするわたす。
5駅しかないのですぐに終点流山なのです。
0509_010.jpg
ついに来たのよ~!
アコガレの土地ながれやまなのです

0509_06.jpg
「菜の花」に乗せてもらいました
ホームには「青空」が待機中で
すぐそばに「流星」が止まっています。

0509_04.jpg
車両があるだけでとても明るい雰囲気です☆

0509_05.jpg
ゼラニウムと「流星」

0509_014.jpg
駅舎から見た「青空」

0509_08.jpg
改札から見た「流…」西武…(? 素敵です

どこから撮っても車両が写り込んでくれるステキ駅!

一通り流山駅内を楽しみ外もウロウロ
ふと駅舎に入ったところで
0509_07.jpg
なんかこのお兄さんとポスターと駅の雰囲気が
とても春っぽいような…

0509_011.jpg
雨も降ってまいりまひた。

0509_013.jpg
なんか時計が大きく感じる流山駅を出発
撮りたい…もっと撮りたかった;;
でも帰る、帰るの…

0509_03.jpg
まばし駅
眼前を通るなんとかひたちやらなんとかひたちやらの
名前を言い合う孫とジーンズをさらりとはくおじい様

0509_012.jpg
私のカメラも傾いているのか、いってらっしゃいませ☆の感じ

0509_09.jpg
馬橋駅と流山駅しか降りられなかったけど
絶対にまたくる!

※帰宅して調べたら西武線車両でした、西武線はすてき
※流山は高校生の時流山から来た人と会った際にとても気になる場所でした。
 「どこから来たの?」「流山。」
 「(一同)…ながれやまってどこ!!」
  1. 写真
  2. cm:0
  3. tb:0

ribbon 検索フォーム

ribbon リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。